月別アーカイブ:2021年11月

押絵と旅する男 江戸川乱歩

江戸川乱歩「押絵と旅する男」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

2021/11/11  

押絵と旅する男の主要登場人物 私(わたし) 小説の語り手。作中に個人名は出てこない。 男(おとこ) 汽車のなかで出会った四十歳にも六十歳にも見える男。作中に個人名は出てこない。 兄(あに) 男の兄。明 ...

吾輩は猫である 夏目漱石

夏目漱石「吾輩は猫である」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

2021/11/9  

著者:夏目漱石 1905年1月に青空文庫から出版 吾輩は猫であるの主要登場人物 苦沙弥(くしゃみ) 登場する猫の飼い主で、職業は教師。 迷亭(めいてい) 主人公の苦沙弥の友人で、美学者。 水島寒月(み ...

白痴 坂口安吾

坂口安吾「白痴」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

2021/11/7  

著者:坂口安吾 1947年5月に中央公論社から出版 白痴の主要登場人物 伊沢(いざわ) 主人公。表現の自由をモットーとする演出家。オリジナルの脚本を上演するのが夢。記者として人生の裏側を深く見てきた。 ...

山椒魚 井伏鱒二

井伏鱒二「山椒魚」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

2021/11/5  

山椒魚の主要登場人物 山椒魚(山椒魚) 体が大きくなって岩屋から出られなくなった哀れな魚 小魚達(こざかなたち) 谷川で急流や藻の流れに翻弄されて集団で泳ぐ魚達 小蝦(こえび) 産卵期で卵を抱えていて ...

盲獣 江戸川乱歩

江戸川乱歩「盲獣」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

2021/11/3  

盲獣の主要登場人物 盲獣(もうじゅう) 感触による美しい女体を味わいたい盲人。「盲獣」は俗称で、作中に個人名は出てこない。 水木蘭子(みずきらんこ) 三十歳すぎ。浅草レビュー界の女王。 小村昌一(こむ ...

よだかの星 宮沢賢治

宮沢賢治「よだかの星」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

2021/11/1  

著者:宮沢賢治 1934年頃に偕成社、筑摩書房など複数から出版から出版 よだかの星の主要登場人物 よだか(よだか) 本作品の主人公。醜い鳥と言われ、嫌われている。 鷹(たか) よだかと名前が似ているこ ...

© 2022 文豪に学べ Powered by AFFINGER5