色褪せない名作たちへ敬意を込めて

芥川龍之介

羅生門、鼻、etc

白 芥川龍之介
芥川龍之介「白」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:芥川龍之介 2016年7月に青空文庫から出版 白の主要登場人物 白(しろ) 飼い犬だったが、ある事件をきっかけに体の毛が黒くなり家を追い出されてしまった主人公 黒(くろ) 白の隣の家に住んでいた ...

アグニの神 芥川龍之介
芥川龍之介「アグニの神」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:芥川龍之介 2012年9月に青空文庫から出版 アグニの神の主要登場人物 インド人の婆さん(いんどじんのばあさん) 上海に住んでいて、占いを仕事にしている魔法使い。 恵蓮(妙子)(えれん(たえこ) ...

トロッコ 芥川龍之介
芥川龍之介「トロッコ」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:芥川龍之介 1922年3月に大観から出版 トロッコの主要登場人物 良平(りょうへい) トロッコに興味を持っている8歳の男の子。土工になりたいと密かな憧れを持っている 縞のシャツを着た土工(しまの ...

夏目漱石

こころ、坊っちゃん、etc

琴のそら音 夏目漱石
夏目漱石「琴のそら音」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:夏目漱石 1994年6月に国書刊行会から出版 琴のそら音の主要登場人物 靖雄(やすお) 主人公。日々の業務に追われる法学士。出世欲はなく読書と学問を愛する。 津田真方(つだまかた) 靖雄の高校時 ...

夏目漱石「坊っちゃん」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想
夏目漱石「坊っちゃん」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:夏目漱石 2010年6月に新潮社から出版 坊っちゃんの主要登場人物 坊っちゃん(ぼっちゃん) 中学校に勤める本作の主人公。江戸っ子気質で無鉄砲な青年。 清(きよ) 坊っちゃんの家のお手伝い。家族 ...

夏目漱石「それから」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想
夏目漱石「それから」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:夏目漱石 1910年1月に集英社から出版 それからの主要登場人物 長井代助(ながいだいすけ) 主人公。学校を出てから1度も働いたことがない。出世に無関心で芸術を愛する。 平岡常次郎(ひらおかつね ...

三島由紀夫

強盗、宴のあと、etc

三島由紀夫「宴のあと」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想
三島由紀夫「宴のあと」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:三島由紀夫 1960年11月に新潮社から出版 宴のあとの主要登場人物 福沢かづ(ふくざわかづ) ヒロイン。料亭のおかみ。男性的な決断力と女性的な情熱を合わせ持つ。 野口雄賢(のぐちゆうけん) 革 ...

三島由紀夫「愛の渇き」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想
三島由紀夫「愛の渇き」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:三島由紀夫 1950年6月に新潮社から出版 愛の渇きの主要登場人物 杉本悦子(すぎもとえつこ) ヒロイン。農園の収穫や出荷作業に従事。楽天的なところと陰うつなところが入り交じる。 杉本弥吉(すぎ ...

三島由紀夫「盗賊」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想
三島由紀夫「盗賊」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:三島由紀夫 1948年11月に真光社から出版 盗賊の主要登場人物 藤村明秀(ふじむらあきひで) 主人公。学習院大学の研究室に在籍。子爵家の跡継ぎとしておおらかに育てられる。 山内清子(やまうちき ...

森鷗外

舞姫、即興詩人、etc

森鴎外「舞姫」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想
森鴎外「舞姫」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:森鴎外 1890年に国民之友から出版 舞姫の主要登場人物 太田豊太郎(おおたとよたろう) 本作品の主人公。若くしてベルリン留学した、エリート官僚。 エリス(えりす) ヴィクトリア座の踊り子。16 ...

NEW ENTRY

地獄風景 江戸川乱歩

2021/9/18

江戸川乱歩「地獄風景」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

地獄風景の主要登場人物 木島(きじま) 主人公。数々の難事件を解決してきた刑事。顔からその人の心を読み取る。 喜多川治良右衛門(きたがわじろえもん) 旧家のひとり息子としてかなりの資産を所有する。何かに熱中すると止まらなくなる。 諸口ちま子(もろぐちちまこ) 治良右衛門と公私に渡って付き合いがある。詩や絵を発表していて建築学の知識もある。 湯本譲次(ゆもとじょうじ) 治良右衛門の友人。猟奇的な性格で前科者。 餌差宗助(えさしそうすけ) 治良右衛門の忠実な右腕。生まれつき体は小さいが知恵があり要職を任されて ...

ReadMore

白 芥川龍之介

2021/9/16

芥川龍之介「白」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:芥川龍之介 2016年7月に青空文庫から出版 白の主要登場人物 白(しろ) 飼い犬だったが、ある事件をきっかけに体の毛が黒くなり家を追い出されてしまった主人公 黒(くろ) 白の隣の家に住んでいた、仲良しの飼い犬。犬殺しに殺されてしまう。 お嬢さん(おじょうさん) 白を可愛がっていた飼い主。体毛が黒くなった白を狂犬扱いしてしまう 春夫坊ちゃん(はるおぼっちゃん) 白の飼い主で、お嬢さんの弟 ナポレオン(なぽれおん) 子供たちにいじめられていた茶色い子犬 1分でわかる「白」のあらすじ 白という犬は、ある ...

ReadMore

死後の恋 夢野久作

2021/9/14

夢野久作「死後の恋」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

死後の恋の主要登場人物 ワーシカ・コルニコフ(わーしかこるにこふ) 作中で〈私〉となっている語り手。モスクワ生まれの貴族の息子。24歳だが、40歳くらいに見える。 リヤトニコフ(りやとにこふ) 17、8歳に見える。モスクワ生まれで、貴族の血筋を引く者。 あなた(あなた) 作中、〈私〉が話をしている相手。日本の軍人。 () () 1分でわかる「死後の恋」のあらすじ 〈私〉ことロシア人のコルニホフは、ウラジオストックで、日本の軍人をつかまえ、ロマノフ王家の末路に関わる「死後の恋」の話をします。 〈私〉は白軍に ...

ReadMore

にごりえ 樋口一葉

2021/9/12

樋口一葉「にごりえ」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:樋口一葉 1895年に博文館から出版 にごりえの主要登場人物 お力(りき) 菊の井で働いている酌婦 源七(げんしち) 布団屋の店主。お力に思いを寄せている 結城朝之助(ゆうきとものすけ) 紳士風の男。お力に会うために店に通っている 1分でわかる「にごりえ」のあらすじ 丸山福山町の銘酒屋街にある料理店「菊の井」につとめるお力。 彼女は昔、布団屋の源七と恋仲でした。 しかし、源七は経済的な理由からお力のところに通えなくなってしまいました。 今は妻子と一緒に長屋での苦しい生活をおくっています。 しかし、そ ...

ReadMore

1973年のピンボール 村上春樹

2021/9/10

村上春樹「1973年のピンボール」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:村上春樹 1980年6月に講談社から出版 1973年のピンボールの主要登場人物 僕(ぼく) 本作の主人公。現在は翻訳の仕事をしながら双子と同棲している。 鼠(ねずみ) 大学時代に僕とバーに通っていた。 ジェイ(じぇい) 僕と鼠が通っていたバーのバーテン。 直子(なおこ) 大学時代に僕が付き合っていた女性。 1分でわかる「1973年のピンボール」のあらすじ 僕と鼠がジェイズバーにいた1970年。 物語はそれから3年後、1973年に始まります。 僕は遠く離れた街で仕事をしながら、双子の女の子たちと同棲し ...

ReadMore

© 2021 文豪に学べ Powered by AFFINGER5