色褪せない名作たちへ敬意を込めて

NEW ENTRY

谷崎潤一郎「細雪」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

2022/5/20

住野よる「君の膵臓をたべたい」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:住野よる 2015年6月に双葉社から出版 君の膵臓をたべたいの主要登場人物 僕(ぼく)本名は志賀春樹(しがはるき) 本作の主人公、とても内向的な性格で、他人に興味がない。 山内桜良(やまうちさくら) 主人公のクラスメイトで、とても明るい性格。膵臓の病気を患い、余命は1年。 恭子(きょうこ) 山内桜良の親友。彼女のことを大切に思っている。 1分でわかる「君の膵臓をたべたい」のあらすじ クラスメイトである山内桜良が亡くなりました。 僕は、葬式にも通夜に出ず、桜良に送ったメール「君の膵臓を食べたい」という ...

ReadMore

谷崎潤一郎「細雪」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

2022/5/20

谷崎潤一郎「細雪」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:谷崎潤一郎 1955年11月に新潮文庫から出版 細雪の主要登場人物 雪子(ゆきこ) 蒔岡家3女、美人だが未婚 妙子(たえこ) 蒔岡家4女、自由奔放で問題児 鶴子(つるこ) 蒔岡家長女、責任感が強い 幸子(さちこ) 蒔岡家次女、夫婦仲が良い () 1分でわかる「細雪」のあらすじ 時代は昭和初期、蒔岡家は大阪では古くからある名家ですが、今は落ちぶれています。 かつての裕福な暮らしが忘れられない4人の姉妹にとって、女性の幸せは結婚とばかりに、既婚者である長女と次女は、三女の雪子の縁談に奔走します。 しかし ...

ReadMore

東野圭吾「聖女の救済」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

2022/5/14

東野圭吾「聖女の救済」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

聖女の救済の主要登場人物 湯川学(ゆかわまなぶ) 帝都大学理工学部物理学科第十三研究室所属の准教授。捜査一課からガリレオと言われる程の天才。しかし本人はそのあだ名を嫌がっている。趣味はバトミントン。 真柴義孝(ましばよしたか) IT関連会社の社長、子どもを作ることに異様なまでのこだわりがある。 真柴綾音(ましばあやね) 義孝の妻で有名なパッチワーク作家であると共に教室の経営者。子供が出来なかったことから義孝より離婚を言い渡される。 草薙俊平(くさなぎしゅんぺい) 警視庁捜査一課の刑事。湯川と同じ帝都大学社 ...

ReadMore

恩田陸「ユージニア」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

2022/5/12

恩田陸「ユージニア」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

ユージニアの主要登場人物 吉水満喜子(よしみずまきこ) ヒロイン。旧姓は雑賀。物静かでさばさばした性格。大学生の時に発表した「忘れられた祝祭」が大ヒットとなるもの以後は沈黙を貫く。 緋紗子シュミット(ひさこしゅみっと) 満喜子の小学生時代の友人。旧姓は青澤。代々この土地で医者をしてきた一家の長女として生まれる。視覚にハンデがあるが記憶力は抜群。 雑賀誠一(さいがせいいち) 満喜子の上の兄。高校受験を控えていてピリピリしている。 雑賀順二(さいがじゅんじ) 満喜子の下の兄。落ち着きがなく他人の家にも平気で入 ...

ReadMore

荻原浩「誰にも書ける一冊の本」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

2022/5/10

荻原浩「誰にも書ける一冊の本」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

誰にも書ける一冊の本の主要登場人物 私(わたし) 物語の語り手。広告の制作会社を経営。過去に小説を2冊だけ発表したことがある。10代後半で東京の大学に合格てからほとんど実家に帰っていない。 父(ちち) 私の父親。 80年以上を北海道で暮らす寡黙な男。 辺見(へんみ) 私の仕事上のパートナー。幾度となく会社の危機を救う。 貝沢実吉(かいざやみよし) 父の小学校時代の友人。 アイヌの家系に生まれて相撲が強い。 小関(こぜき) 父の戦友で義理堅い。秋田で酒屋を営む。 1分でわかる「誰にも書ける一冊の本」のあらす ...

ReadMore

芥川龍之介

羅生門、鼻、etc

白 芥川龍之介
芥川龍之介「白」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:芥川龍之介 2016年7月に青空文庫から出版 白の主要登場人物 白(しろ) 飼い犬だったが、ある事件をきっかけに体の毛が黒くなり家を追い出されてしまった主人公 黒(くろ) 白の隣の家に住んでいた ...

アグニの神 芥川龍之介
芥川龍之介「アグニの神」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:芥川龍之介 2012年9月に青空文庫から出版 アグニの神の主要登場人物 インド人の婆さん(いんどじんのばあさん) 上海に住んでいて、占いを仕事にしている魔法使い。 恵蓮(妙子)(えれん(たえこ) ...

トロッコ 芥川龍之介
芥川龍之介「トロッコ」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:芥川龍之介 1922年3月に大観から出版 トロッコの主要登場人物 良平(りょうへい) トロッコに興味を持っている8歳の男の子。土工になりたいと密かな憧れを持っている 縞のシャツを着た土工(しまの ...

夏目漱石

こころ、坊っちゃん、etc

吾輩は猫である 夏目漱石
夏目漱石「吾輩は猫である」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:夏目漱石 1905年1月に青空文庫から出版 吾輩は猫であるの主要登場人物 苦沙弥(くしゃみ) 登場する猫の飼い主で、職業は教師。 迷亭(めいてい) 主人公の苦沙弥の友人で、美学者。 水島寒月(み ...

草枕 夏目漱石
夏目漱石「草枕」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:夏目漱石 1950年11月25日に新潮社から出版 草枕の主要登場人物 男(おとこ) 絵描き。書きたいことがはっきりしないでいる。 那美(なみ) 志保田の宿の娘。 久一(ひさいち) 那美の従兄弟。 ...

趣味の遺伝 夏目漱石
夏目漱石「趣味の遺伝」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:夏目漱石 2016年7月にゴマブックスから出版 趣味の遺伝の主要登場人物 余(よ) 物語の語り手。学者で後進を育てるために教壇にも立つ。独自の研究を続けているが文才はない。 河上浩一(かわかみこ ...

三島由紀夫

強盗、宴のあと、etc

百万円煎餅 三島由紀夫
三島由紀夫「百万円煎餅」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:三島由紀夫 1961年1月に新潮社から出版 百万円煎餅の主要登場人物 健造(けんぞう) 清子の夫。夫婦で本番行為のエロ・ショーをしている。 清子(きよこ) 健造の妻。夫婦で本番行為のエロ・ショー ...

金閣寺 三島由紀夫
三島由紀夫「金閣寺」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:三島由紀夫 2011年6月に新潮社から出版 金閣寺の主要登場人物 溝口(みぞぐち) 本作の主人公。吃音のせいで他者とうまく関われない引っ込み思案な青年。金閣寺に憧れを抱く。 有為子(ういこ) 近 ...

青の時代 三島由紀夫
三島由紀夫「青の時代」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:三島由紀夫 1971年7月に新潮文庫から出版 青の時代の主要登場人物 川崎誠(かわさきまこと) 主人公、高学歴で後に闇金融業に手を染めていきます。 愛宕八郎(おたぎはちろう) 主人公の一高時代か ...

宮沢賢治

銀河鉄道の夜、注文の多い料理店、etc

宮沢賢治「風の又三郎」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想
宮沢賢治「風の又三郎」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:宮沢賢治 1951年4月に岩波文庫から出版 風の又三郎の主要登場人物 高田三郎(たかださぶろう) 主人公の謎の多い少年。風の強い日に転校してきた風変わりな小学5年生。 嘉助(かすけ) 小学5年生 ...

よだかの星 宮沢賢治
宮沢賢治「よだかの星」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:宮沢賢治 1934年頃に偕成社、筑摩書房など複数から出版から出版 よだかの星の主要登場人物 よだか(よだか) 本作品の主人公。醜い鳥と言われ、嫌われている。 鷹(たか) よだかと名前が似ているこ ...

セロ弾きのゴーシュ 宮沢賢治
宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」のあらすじを徹底解説、読んでみた感想

著者:宮沢賢治 1934年に不明から出版 セロ弾きのゴーシュの主要登場人物 ゴーシュ(ごーしゅ) 金星音楽団のセロ奏者。演奏があまり上手くない。 三毛猫(みけねこ) ゴーシュにセロの演奏を求める。 か ...

© 2022 文豪に学べ Powered by AFFINGER5